メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧ソ連収容所の抑留記録

遺族が入手、詳細知り「ほっ」

旧ソ連による抑留中に亡くなった人たちに追悼の言葉を述べる相原由美さん=東京都千代田区の国立千鳥ケ淵戦没者墓苑で8月23日

 第二次大戦後に旧ソ連に抑留された人々の収容所での管理記録が2000年代から日本側に引き渡され、当事者や遺族の手に届くようになった。記録を入手するには厚生労働省に申請することが必要だが、届いた記録にはそれまで知られていなかった情報が含まれることもあり、亡くなった肉親への思いを深める人たちがいる。

 23日、東京・国立千鳥ケ淵戦没者墓苑で、シベリア抑留で亡くなった人たちを追悼する集いが開かれた。広島市の相原由美さん(79)も参列し花をささげた。

 相原さんの父・上野米次郎さんは敗戦後の1945年9月、旧満州(現中国東北部)で道路工事に駆り出され…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文705文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです