メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧ソ連収容所の抑留記録

遺族が入手、詳細知り「ほっ」

旧ソ連による抑留中に亡くなった人たちに追悼の言葉を述べる相原由美さん=東京都千代田区の国立千鳥ケ淵戦没者墓苑で8月23日

 第二次大戦後に旧ソ連に抑留された人々の収容所での管理記録が2000年代から日本側に引き渡され、当事者や遺族の手に届くようになった。記録を入手するには厚生労働省に申請することが必要だが、届いた記録にはそれまで知られていなかった情報が含まれることもあり、亡くなった肉親への思いを深める人たちがいる。

 23日、東京・国立千鳥ケ淵戦没者墓苑で、シベリア抑留で亡くなった人たちを追悼する集いが開かれた。広島市の相原由美さん(79)も参列し花をささげた。

 相原さんの父・上野米次郎さんは敗戦後の1945年9月、旧満州(現中国東北部)で道路工事に駆り出され…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. NGT48暴行問題会見 一問一答
  5. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです