メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民民主党代表選

自民と差別化、現実味薄く 玉木氏「第3子に1000万円」/津村氏「尊厳死を合法化」

国民民主党代表選の記者会見で発言する玉木雄一郎共同代表(右)と津村啓介元内閣府政務官=東京都千代田区の日本外国特派員協会で2018年8月29日午後3時27分、藤井太郎撮影

 国民民主党代表選(9月4日開票)に立候補した津村啓介元内閣府政務官(46)と玉木雄一郎共同代表(49)が、自民党総裁選を意識して存在感の発揮に懸命になっている。基本政策で大きな違いがない両氏は、子育てや性的少数者支援などでそれぞれ独自色を出し、党員以外にもアピールする。野党ならではの大胆な主張は支持率向上につながるか。【遠藤修平、立野将弘】

 津村氏「ほぼ同時期に自民党総裁選が行われようとしているが、次世代の与党を担う気概を持ち、新しい社会…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文995文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです