メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民民主党代表選

自民と差別化、現実味薄く 玉木氏「第3子に1000万円」/津村氏「尊厳死を合法化」

国民民主党代表選の記者会見で発言する玉木雄一郎共同代表(右)と津村啓介元内閣府政務官=東京都千代田区の日本外国特派員協会で2018年8月29日午後3時27分、藤井太郎撮影

 国民民主党代表選(9月4日開票)に立候補した津村啓介元内閣府政務官(46)と玉木雄一郎共同代表(49)が、自民党総裁選を意識して存在感の発揮に懸命になっている。基本政策で大きな違いがない両氏は、子育てや性的少数者支援などでそれぞれ独自色を出し、党員以外にもアピールする。野党ならではの大胆な主張は支持率向上につながるか。【遠藤修平、立野将弘】

 津村氏「ほぼ同時期に自民党総裁選が行われようとしているが、次世代の与党を担う気概を持ち、新しい社会…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文995文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです