メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

軍事力誇示 米に反発、新兵器次々公開

新型戦闘機の操縦席に座るイランのロウハニ大統領(右から4人目)=首都テヘランで2018年8月21日、タスニム通信・ロイター

 【カイロ篠田航一】トランプ米政権のイラン核合意離脱に伴う経済制裁再発動を受け、イラン指導部は8月以降、国産の新型戦闘機を公開するなど軍事力の誇示に躍起となっている。核やミサイル開発の制限を求める米国との対決姿勢を貫くことで、制裁に屈しないとのメッセージを国内外に示す狙いがあるとみられる。

 首都テヘランで21日に開かれた軍需産業の見本市では、新型戦闘機「コウサル」がお披露目された。タスニム通信などによると、イランで国産戦闘機の開発は初めてで、「先進的な航空電子工学」が用いられた戦闘機という。イランのテレビでは、ロウハニ大統領自身が操縦席に座って兵士から説明を受ける様子も公開された。大統領は「なぜ米国は私たちを攻撃し…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  2. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  3. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋
  4. 鉄道事故 インフル感染、線路に転落か 女性死亡 東京・中目黒駅
  5. 日露首脳 思惑の差はっきり 領土交渉の長期化は不可避か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです