メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

「経済混乱」保守派が批判 閣僚2人が国会で弾劾、失職

 【テヘラン共同】イランのロウハニ大統領が28日、経済政策に関する国会の喚問に応じた。核合意を離脱したトランプ米政権による制裁再発動の影響でイラン経済は混乱しており、議員からはロウハニ政権の失政を批判する意見が相次いだ。8月に入り閣僚2人が弾劾されるなど、政権への逆風が強まっている。質疑に立った保守強硬派のナガビホセイニ議員は「(人口約8100万人のイランで)500万人が失業中だ。誤った政策のせいだ」と強調。同派のゾンヌ…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです