メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

「経済混乱」保守派が批判 閣僚2人が国会で弾劾、失職

 【テヘラン共同】イランのロウハニ大統領が28日、経済政策に関する国会の喚問に応じた。核合意を離脱したトランプ米政権による制裁再発動の影響でイラン経済は混乱しており、議員からはロウハニ政権の失政を批判する意見が相次いだ。8月に入り閣僚2人が弾劾されるなど、政権への逆風が強まっている。質疑に立った保守強硬派のナガビホセイニ議員は「(人口約8100万人のイランで)500万人が失業中だ。誤った政策のせいだ」と強調。同派のゾンヌ…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです