メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

育児と企業

改革の現場から/下 意識変えた「試み」 制約ある働き方、体験し理解

東京都中央区のキリン日本橋ビルで「なりキリンパパ」として1カ月間、定時退社などに取り組むキリンビールの新ヶ江翔さん=今村茜撮影

 「パパになります!」。東京・日本橋のキリンのオフィス。営業部門の新ケ江(しんがえ)翔さん(33)のデスクに、父親になることを宣言するA4判の紙が掲示された。

 しかし新ケ江さんには子どもはいない。育児や介護など時間に制約のある働き方を社員が1カ月間体験する「なりキリンママ・パパ」の取り組みだ。

 「パパ」になった新ケ江さんは育児のため、午後5時半の就業時間終了とともに自宅に直帰する。期間中は残業禁止だ。勤務時間中に突然、架空の保育園から「子どもが発熱した」とお迎えコールがかかることもあり、仕事を切り上げて帰宅しなければならない。

 この取り組みの発案者は、20~30代の子どもがいない女性営業社員5人。取引先の予定に合わせなければ…

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1217文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  4. 傷害致死 8歳長男、死なせた疑い 「頭を殴った」父親逮捕 奈良
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです