メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易激震

NAFTA 自動車、対米輸出上限 超過分、メキシコに高関税

 【ポートランド(米西部オレゴン州)清水憲司】ロイター通信は28日、米国とメキシコが大筋合意した北米自由貿易協定(NAFTA)の見直し案に、メキシコの対米自動車関連輸出が一定水準を超えた場合、米国が高関税を課せる条項が盛り込まれたと報じた。発効すれば事実上の「輸出上限」になる可能性が高い。これまで人件費の安いメキシコを対米輸出拠点として活用してきた日系を含む自動車各社のさらなる懸念材料となりそうだ。

 報道によると、メキシコから米国への完成車の輸出が年間240万台を超えた場合と、自動車部品の輸出額が…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文759文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです