メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

トランプ氏の行方、2閣僚に注目!=東洋大学国際学部教授・横江公美

 元選対本部長が有罪評決を受け、トランプ米大統領は最大の窮地に陥っている。連日、「私が大統領でなくなると景気が悪くなる」「司法の越権だ」と発信し、弾劾されるべきではないと訴えている。

 トランプ氏にとってここで一番重要になるのは、11月の中間選挙である。大統領が弾劾されるかどうかは、共和党と民主党の議会のバランス次第だからだ。現在のように上下両院で共和党が多数派であれば、トランプ氏は弾劾されることはまずない。だが、中間選挙で民主党が勝利し議会多数派になると、弾劾は一気に現実味を帯びる。

 トランプ氏は週3~5日応援演説を行うなど、今までで最も中間選挙に時間をかける大統領だと言われている…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文701文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです