メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法務省

無戸籍者解消へ研究会 母子の「嫡出否認」検討も

 出生届が出されず戸籍に記載のない「無戸籍者」の解消に向け、法務省は10月にも、民法見直しを検討する有識者研究会を発足させる。無戸籍者問題は、婚姻中の妊娠は夫の子とみなす民法の規定(嫡出推定)が原因とされ、研究会は、嫡出推定を否認する訴えを女性や子も起こせるようにできるか検討する。

 民法は「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子と推定する」などと規定。ドメスティックバイオレンス(DV)…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  5. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです