メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

子供たちの「第二の家」に 学習支援ボランティア・安藤早穂さん(19)

安藤早穂氏

 <くらしナビ おとなへステップ>

安藤早穂(あんどう・さほ)さん

 東日本大(だい)震(しん)災(さい)や熊(くま)本(もと)地(じ)震(しん)で避(ひ)難(なん)した小中高校生を対象にした無料の学習室で、勉強を教えるボランティアをしています。2011年から大学生が中心となって企(き)画(かく)・運営しており、「とどろき学習室」(川(かわ)崎(さき)市(し)中原区)と「よこはま学習室」(横(よこ)浜(はま)市(し)西区)の2拠(きょ)点(てん)があります。私(わたし)は17年11月から「よこはま学習室」(毎週火曜日と土曜日に開(かい)催(さい))に参加しており、今は火曜日のリーダーを務めています。

 このボランティア活動に加わったのは、教育に関心があったからです。神(か)奈(な)川(がわ)学園高校…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文1050文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです