メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

極地の氷床は急激に増減か 3万年の海水面分析

 <ピックアップ>

 南極大陸や北極圏の氷床が気温の変化によって従来の推定より急激に増減する可能性があると、東京大などの研究チームが英科学誌ネイチャーに発表した。オーストラリア北東部沿岸にある世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフ沖合で掘削したサンゴの化石の層を使い、過去3万年間の海水面の変化を分析した。

 サンゴは種によって生息する深度が異なるため、化石の層を調べると過去の海水面の位置が推定できる。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文547文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです