メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ界不祥事

競技団体へ募る不信感 解決、国頼み

今年発覚したスポーツ界の主な不祥事や騒動

 2年後に東京五輪を控える日本のスポーツ界で、不祥事や騒動が相次いでいる。競技団体のガバナンス(組織統治)への不信感が、国の関与を求める動きを加速させている。

 日本バスケットボール協会は来月5日の定例理事会を待つことなく、前倒しで処分を決めた。三屋裕子会長は記者会見で「素早い対応と、情報公開による透明性を持つことが組織を守る一番の方法」と強調した。日本協会は4年前、国内リーグを統合できず、ガバナンス能力を欠くとして国際連盟(FIBA)から資格停止処分を科され、国などが介入に乗り出した経緯があり、今回は自浄作用を示す必要があった。

 一方、競技団体への不信感は拭えないままだ。不祥事対策を検討する超党派のスポーツ議員連盟のプロジェク…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです