メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

陸上 男子200 小池、肩でつかんだ金 己を信じ激走

陸上男子200メートル決勝、1位でフィニッシュし拳を突き上げる小池祐貴=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月29日、徳野仁子撮影

 (第12日・記録は共同など)

 陸上の男子200メートル決勝は小池祐貴(ANA)が20秒23(追い風0・7メートル)で金メダルを獲得した。この種目で日本勢の金メダルは2006年ドーハ大会の末続慎吾以来。飯塚翔太(ミズノ)は20秒68で6位だった。

 まだ日本一も経験していない社会人1年目で23歳の小池が一足飛びにアジアの頂点に立った。楊俊瀚(台湾)とは、わずか1000分の2秒、距離にして約2センチ差。小池は「金メダルを目標で口にしていたけど、本当に実現するとは。あぜんとして実感が湧きません」と初々しく喜んだ。

 後半の直線に入ると右隣のレーンの楊俊瀚とトップ争い。ほぼ並走状態で互いに譲らない。「150メートル…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1039文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです