メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

柔道 女子52キロ級 関節技の角田、金 一芸、柔術仕込み

柔道女子52キロ級決勝で相手を投げる角田(左)=ジャカルタで2018年8月29日、宮間俊樹撮影

 (第12日・記録は共同など)

 女子52キロ級は昨年の世界選手権準優勝の角田夏実(了徳寺学園職)が朴多率(韓国)を降して金メダルを獲得した。日本勢は同階級で2014年仁川(韓国)大会で2連覇を果たした中村美里(三井住友海上)に続いて3大会連続の金メダルとなった。

 関節技が武器の26歳が得意技を生かして、アジアの頂点に上り詰めた。日本勢が決勝で2連敗した後の優勝に、「ほっとした」と笑顔をはじけさせた。決勝で関節技をきれいに決めた。試合開始2分18秒。立ちながら相手の首に腕を回して誘い込み、逃げよう…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文626文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです