メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 トリチウム水、海洋放出案 「築いた安全、信頼崩れる」 福島の漁業者、危機感強く

東京電力福島第1原発の敷地内に林立する汚染水貯蔵タンク=2018年7月17日、本社ヘリから藤井達也撮影

 東京電力福島第1原発で増え続ける放射性トリチウムを含んだ処理水の処分方法をめぐり、経済産業省の有識者小委員会は30、31の両日、福島県と東京都で市民を対象にした初の公聴会を開く。同省や東電は「保管が限界に近づいている」と処理水の海洋放出を念頭に年内に決着したい意向だが、試験操業を重ねてきた福島の漁業者らは「築いた安全への信頼が崩れかねない」とかつてない危機感を強めている。【乾達、岩間理紀】

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文919文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです