メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

買春問題 4選手、出場停止1年 バスケ協会が処分

 日本バスケットボール協会は29日、ジャカルタ・アジア大会期間中に買春したとして日本選手団の代表認定を取り消された男子4選手について、同日から1年間の公式試合出場資格停止処分にしたと発表した。自らも報酬10%減額3カ月の処分を受けた日本協会の三屋裕子会長は東京都内で記者会見し、「世の中の納得を得られる厳しい処分が必要だと考えた」と話した。

 処分を受けたのは、いずれもBリーグ所属の橋本拓哉(23)=大阪▽今村佳太(22)=新潟▽佐藤卓磨(…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文520文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです