メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

eスポーツ、扉開く 公開競技で初実施

ジャカルタ・アジア大会で初めて公開競技として実施されたeスポーツ。国旗をプリントしたジャージー姿の各チームの選手が大画面に表示された=ジャカルタ市内で2018年8月28日午後0時34分、松本晃撮影

 【ジャカルタ松本晃、武内彩】ジャカルタ・アジア大会でコンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」が公開競技として初めて実施された。26日に始まり、9月1日までの7日間でサッカーゲームの「ウイニングイレブン」など6種目で争う。若者に人気の高いeスポーツが新たな一歩を踏み出した。

 「アジア大会が(五輪への)扉を開いた」。アジアeスポーツ連盟のケネス・フォク会長は29日の記者会見で手応えを語った。参加したのは18カ国・地域の135人。日本もウイニングイレブンなど2種目…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文586文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです