メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

指導中暴力 コーチ処分 宮川選手、撤回訴える 体操協会は反論

記者会見する宮川紗江選手=東京都千代田区で2018年8月29日午後4時45分、藤井達也撮影

 2016年リオデジャネイロ五輪体操女子代表の宮川紗江選手(18)が29日、東京都内で記者会見した。自らへの指導中の暴力を理由に日本体操協会から無期限の登録抹消処分を受けた速見佑斗コーチ(34)について、宮川選手は「一緒に2020年東京五輪を目指したい」と訴え、処分の早期撤回と指導継続を求めた。一方、日本協会も同日記者会見して反論し、主張は食い違いを見せている。

 宮川選手は、速見氏から顔をたたかれたり、髪の毛を引っ張られたりするなどの暴力行為を受けたことは認め…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文742文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  4. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  5. 寝屋川中1殺害初公判 突然土下座、泣いて謝罪も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです