メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

アジア系映画ヒット 「常識」覆し続編も

主人公レイチェル役のコンスタンス・ウーさん(中央)ら映画「クレイジー・リッチ!」の主要キャスト=AP

 【ロサンゼルス長野宏美】主要キャスト全員がアジア系のハリウッド映画「クレイジー・リッチ!」(日本公開は9月28日)が米国でヒットし、話題になっている。ハリウッドでは白人の主人公が多く、「マイノリティー(少数派)の俳優では作品が売れない」と思われてきたが、その「常識」を覆す人気で、続編の企画も進んでいる。

 映画はニューヨークの大学で経済学を教える中国系米国人のレイチェルが主人公。恋人のニックと彼の故郷の…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文528文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです