メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小型機墜落

「気象予測不十分」富山4人死亡で運輸安全委

斜面を滑り落ちて停止した小型機=富山県立山町で2017年6月4日午前11時50分、本社ヘリから平川義之撮影

 富山県の立山連峰で昨年6月、小型機が墜落し乗っていた4人全員が死亡した事故で、運輸安全委員会は30日、事故機が雲の中で視界を失い、山に激突したとする調査報告書を公表した。主翼の部品に着氷があったことから、失速や、高度が維持できなくなった可能性を指摘。「出発前の気象予測が不十分だった」としている。

 報告書によると、事故機は、新中央航空(茨城県龍ケ崎市)所属のセスナ172P型。昨年6月3日午後2時23分、松本空港(長野県松本市)に向けて富山空港…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです