メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小型機墜落

「気象予測不十分」富山4人死亡で運輸安全委

斜面を滑り落ちて停止した小型機=富山県立山町で2017年6月4日午前11時50分、本社ヘリから平川義之撮影

 富山県の立山連峰で昨年6月、小型機が墜落し乗っていた4人全員が死亡した事故で、運輸安全委員会は30日、事故機が雲の中で視界を失い、山に激突したとする調査報告書を公表した。主翼の部品に着氷があったことから、失速や、高度が維持できなくなった可能性を指摘。「出発前の気象予測が不十分だった」としている。

 報告書によると、事故機は、新中央航空(茨城県龍ケ崎市)所属のセスナ172P型。昨年6月3日午後2時23分、松本空港(長野県松本市)に向けて富山空港…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 注目裁判・話題の会見 元モーニング編集次長は妻を殺害したのか 東京地裁・初公判詳報
  5. ややパリには遠く~南仏留学記 寒さを避けて楽しむ「ゲームの夜」 冬場のフランス、こんな過ごし方も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです