メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成田空港

AI活用ボーディングブリッジ 来春試験導入

自動装着機能付きの搭乗橋が試験導入される第2旅客ターミナル64番スポット=成田空港第2旅客ターミナルビルで、中村宰和撮影

 成田空港に来年3月、航空機に10センチまで自動で接近する航空旅客搭乗橋2基が試験導入される。現在は手動で動かしているが、新たな搭乗橋は人工知能(AI)やカメラ、画像処理装置、レーザー距離計で構成させる最新システムを搭載しており、本格導入につなげて効率性や安全性を向上させたい考えだ。

 搭乗橋は地上スタッフが操作し、着陸して駐機場に移動してきた航空機のドアに装着後、旅客が内部の通路を通って乗り降りする。

 試験導入される搭乗橋は、先端に取り付けたカメラが航空機のドアを撮影し、画像処理装置で正確な位置を特…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文744文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです