メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

男子50キロ競歩、勝木が金 驚異の追い上げ

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第13日の30日、陸上の男子50キロ競歩が行われ、勝木隼人(自衛隊)が4時間3分30秒で1着でフィニッシュして、金メダルを獲得した。34キロ手前で歩型違反の警告を3人の審判員から受けコース脇に設けられた「ピットレーン」に入って5分間の足止めを受けたものの、驚異の追い上げを見せた。日本勢は2014年仁川大会(韓国)の谷井孝行(自衛隊)に次いで2大会連続の優勝となった。

 勝木は34キロ手前で歩型違反の警告を3人の審判員から受けた。それまでは丸尾知司(愛知製鋼)と並んで…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文809文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  3. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  4. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  5. 東広島2男児殺害 刺し傷10カ所 母「交互に刺した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです