メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

柔道、男子は大野が決勝へ 女子は3人が進出

 【ジャカルタ松本晃】ジャカルタ・アジア大会は第13日の30日、柔道の男女5階級があり、男子73キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪同級金メダリストの大野将平(旭化成)が決勝に進出した。同日午後4時(日本時間午後6時)から始まる決勝では、日本勢の3大会連続優勝をかけ、昨年の世界選手権で銅メダルの安昌林(韓国)と対戦する。

     女子57キロ級の玉置桃(三井住友海上)、同63キロ級の鍋倉那美(同)、同70キロ級の新添左季(山梨学院大)も決勝に進出した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
    3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
    5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです