メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民総裁選

谷垣グループは自主投票 「派閥ではない」

 自民党の谷垣グループは29日、長野県軽井沢町で研修会を開いた。代表世話人の逢沢一郎元国対委員長はあいさつで「政府と党、霞が関(の省庁)と首相官邸のあるべき姿をどう作り上げていくかが今回の総裁選の大きなテーマではないか」と述べたが、安倍晋三首相と石破茂元幹事長のどちらを支持するかには踏み込まなかった。グループに参加する約20人の無派閥議員らは自主投票で臨む。

     自転車事故のけがで衆院議員を引退した谷垣禎一前総裁は欠席し、「最近はリハビリの効果を実感している。みなさまと早く議論ができるよう努力していく」とメッセージを寄せた。

     中核メンバーの中谷元(げん)元防衛相や川崎二郎元厚生労働相らが首相と距離を置く半面、若手議員には菅義偉官房長官が束ねる無派閥グループとのかけ持ちも多い。グループ内では総裁選で「草刈り場」にならないよう派閥化を主張する声があったが、谷垣氏不在で求心力の維持が難しく、主張が近い岸田派会長の岸田文雄政調会長が立候補を見送ったこともあって機運がしぼんだ。

     グループの幹部によると、谷垣氏は「うちは派閥ではないので対応を決める必要はない」と自主投票を容認したという。【朝日弘行】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
    2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
    3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
    5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです