メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏

真珠湾で圧力 日米首脳に「すきま風」指摘も

 米紙ワシントン・ポスト電子版は28日、トランプ大統領が6月にホワイトハウスで安倍晋三首相と会談した際「(第二次大戦の)真珠湾攻撃を忘れないぞ」と前置きした上で、難航している通商問題の協議を始めたと伝えた。異例の発言の背景には、対日貿易赤字の削減を目指し圧力を強める狙いがある。

 米国では真珠湾攻撃は「卑劣なだまし討ち」との見方が強い。日本側の弱みと見なし、トランプ氏が通商交渉で譲歩を引き出すため、あえて日米首脳会談で触れた可能性がある。11月の中間選挙を意識したとみられるが、安倍氏も9月の自民党総裁選で連続3選を狙う立場。一方的に譲歩すれば来年の参院選にも悪影響が及ぶ恐れがあり、駆け引きが強まりそうだ。

 同紙によると、トランプ氏は真珠湾攻撃に言及した後、米国の対日貿易赤字について激しく非難し、安倍氏に…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文797文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです