メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟・三条市

初の漢字検定 出身の研究者・諸橋博士記念

諸橋轍次博士の業績を説明する嘉代隆一館長=三条市庭月の諸橋轍次記念館で

 漢字研究者として世界的に知られた諸橋轍次(1883~1982年)=新潟県三条市出身=を記念する初めての漢字文化理解力検定が開催される。検定の申し込み締め切りは31日で、主催者は漢字文化の普及に多くの参加を呼びかけている。

総合的知識、理解力問う

 世界的な偉業--。ノーベル賞級の業績とたたえる研究者が多い「大漢和辞典」(55~60年刊行)。実際、欧米でも東洋文化を研究する施設なら必ず備えている同辞典。全13巻を編さんしたのが諸橋博士だ。その業績と漢字文化を次代に継承することを目的に、諸橋博士の出身地、三条市が主催し9月30日、同市庭月の諸橋轍次記念館で第1回の検…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文708文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです