メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟・三条市

初の漢字検定 出身の研究者・諸橋博士記念

諸橋轍次博士の業績を説明する嘉代隆一館長=三条市庭月の諸橋轍次記念館で

 漢字研究者として世界的に知られた諸橋轍次(1883~1982年)=新潟県三条市出身=を記念する初めての漢字文化理解力検定が開催される。検定の申し込み締め切りは31日で、主催者は漢字文化の普及に多くの参加を呼びかけている。

総合的知識、理解力問う

 世界的な偉業--。ノーベル賞級の業績とたたえる研究者が多い「大漢和辞典」(55~60年刊行)。実際、欧米でも東洋文化を研究する施設なら必ず備えている同辞典。全13巻を編さんしたのが諸橋博士だ。その業績と漢字文化を次代に継承することを目的に、諸橋博士の出身地、三条市が主催し9月30日、同市庭月の諸橋轍次記念館で第1回の検…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文708文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです