メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カボチャ

宙で育ち、たわわに実る 北海道・長沼

空中栽培され、たわわに実ったカボチャ「空飛ぶパンプキン」=北海道長沼町で2018年8月29日、貝塚太一撮影

 ビニールハウスの骨組みを使い、空中でカボチャを育てる「空飛ぶパンプキン」が、北海道長沼町の農場でたわわに実っている。

 農業資材販売の「新生商事」(岩見沢市)が、カボチャの実が地面に触れないことで、形や色などの品質を均一に整える栽培方法を考案。花から実が成長する日数管理もしやすく、最もおいしい状態で出荷できるという。現在、4種類のカボチャを生産している。

 来月10日ごろから収穫が始まり、東京の市場に出荷される。

【貝塚太一】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです