メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生嘱託殺人

「自殺のつもりで放火」被告の少年主張

 東京都台東区で2017年5月、都立高3年の女子生徒(当時17歳)が殺害された事件で、嘱託殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた少年(19)は29日、東京地裁で開かれた裁判員裁判(鈴木巧裁判長)の初公判で起訴内容を認めた。被告人質問では「(女子生徒を)殺した自分が生きているのが怖かった」と述べ、自殺するつもりで放火したと主張した。

 起訴状などによると、少年は17年5月3日夜、同区の女子生徒宅のマンションで、女子生徒に頼まれて腕で背後から首を絞めて殺害。いったん帰宅した後の翌朝、女子生徒宅に戻ってベランダの掃き出し窓から侵入し、部屋の布団にライターで火を付けるなどしたとされる。

 被告人質問で少年は3日夜に女子生徒から妊娠していると明かされたとし、「(女子生徒の)母親が帰ってきたら謝り、中絶しよう」と説得したと説明。これに対し、女子生徒が「(母親には)言えない。(少年の)重荷になりたくないし、(少年が母から)怒られるのを見るのは耐えられない」と話し、包丁を持ち出したと述べた。少年は女子生徒をなだめたが「お願い、死なせて」と懇願されたとし、「気がついたら(首を絞めた)腕に力が入っていた」と話した。

 殺害後は、室内を荒らすなどして空き巣を装ったとも説明。当時を回顧し「(女子生徒が死のうとするのを)止めようという気持ちを前面に出せなかった」と悔いた。【蒔田備憲、服部陽】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  3. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
  4. CINEMA 響-HIBIKI- /愛知
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです