メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生嘱託殺人

「自殺のつもりで放火」被告の少年主張

 東京都台東区で2017年5月、都立高3年の女子生徒(当時17歳)が殺害された事件で、嘱託殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた少年(19)は29日、東京地裁で開かれた裁判員裁判(鈴木巧裁判長)の初公判で起訴内容を認めた。被告人質問では「(女子生徒を)殺した自分が生きているのが怖かった」と述べ、自殺するつもりで放火したと主張した。

 起訴状などによると、少年は17年5月3日夜、同区の女子生徒宅のマンションで、女子生徒に頼まれて腕で…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文590文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです