メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄県

辺野古承認、31日にも撤回 政府は対抗措置へ

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画で、沖縄県は31日にも仲井真弘多(なかいまひろかず)元知事による辺野古沿岸部の埋め立て承認を正式に撤回する方針を固めた。今月8日に亡くなった翁長雄志(おながたけし)知事が7月に承認を撤回すると表明し、県は撤回に向けた手続きを進めていた。県が承認を撤回すれば工事は法的根拠がなくなって止まるが、政府は法的な対抗措置を取る構えだ。

 政府は当初、今月17日にも埋め立て予定海域に土砂を投入する方針だったが、悪天候などを理由に見合わせ…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文849文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  5. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです