メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

成松、「銅」以上が確定 ボクシング男子

 ジャカルタ・アジア大会は第12日の29日、ボクシング男子が行われ、ライトウエルター級準々決勝で日本の成松大介(自衛隊)がイラク選手に負傷判定勝ちして、31日の準決勝に進出を決めた。3位決定戦は行われないため、銅メダル以上が確定した。右側頭部付近を負傷した成松は「メダルを取れたのはよかったが、次の試合は厳しいかもしれない」と話した。

     自らが発端となった日本ボクシング連盟の山根明前会長(78)の辞任騒動について「周りがどうこう言おうが、僕には全く関係なかった」と集中していた成松。自らの拳でメダルをつかみ取った。相手は2戦連続でダウンを奪っている強打が持ち味の選手だが、成松の自慢のスピードが上回った。二回に相手とのバッティングで右側頭部から出血して、レフェリーが試合を止めた。その時点までのポイントで成松が勝った。

     成松は初のアジア大会でメダル獲得。同階級では仁川大会(韓国)銅メダルの川内将嗣に続く、2大会連続のメダルとなった。【倉沢仁志】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
    3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
    4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
    5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです