メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

山西「銀」も五輪向け課題 男子20キロ競歩

陸上男子20キロメートル競歩、15キロ過ぎで中国の王凱華(右)と競り合う山西利和=ジャカルタで2018年8月29日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第12日の29日、陸上の男子20キロ競歩が行われ、山西利和(愛知製鋼)が王凱華(中国)との約10キロに及ぶ一騎打ちに競り負けた。山西は初代表で銀メダルを獲得したが、2020年東京五輪へ向けて課題も多かった。

 先頭集団の人数が絞られた8キロ以降、2キロごとのラップタイムは8分前後で一定していた。引っ張っていたのは終始、王凱華で山西は斜め後ろをついていくだけだった。ラスト勝負になればスピードに勝る中国勢に勝てない。残り500メートルで満を持して仕掛けた王凱華の戦略勝ちだった。山西は「余力がなかった。途中でペースを上げられたら、ついていけなかった」と打ち明ける。タイム差は6秒だが、それ以上の力の差を感じた。

 24歳の王凱華は昨年のロンドン世界選手権の同種目で7位だった。自己記録も22歳の山西の方が13秒速…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文921文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです