メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

山西「銀」も五輪向け課題 男子20キロ競歩

陸上男子20キロメートル競歩、15キロ過ぎで中国の王凱華(右)と競り合う山西利和=ジャカルタで2018年8月29日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第12日の29日、陸上の男子20キロ競歩が行われ、山西利和(愛知製鋼)が王凱華(中国)との約10キロに及ぶ一騎打ちに競り負けた。山西は初代表で銀メダルを獲得したが、2020年東京五輪へ向けて課題も多かった。

 先頭集団の人数が絞られた8キロ以降、2キロごとのラップタイムは8分前後で一定していた。引っ張っていたのは終始、王凱華で山西は斜め後ろをついていくだけだった。ラスト勝負になればスピードに勝る中国勢に勝てない。残り500メートルで満を持して仕掛けた王凱華の戦略勝ちだった。山西は「余力がなかった。途中でペースを上げられたら、ついていけなかった」と打ち明ける。タイム差は6秒だが、それ以上の力の差を感じた。

 24歳の王凱華は昨年のロンドン世界選手権の同種目で7位だった。自己記録も22歳の山西の方が13秒速…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文921文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです