メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

大坂、2回戦進出も「納得いかず」

全米オープン第2日、2回戦に進出した大坂なおみ=AP

 テニスの4大大会最終戦、全米オープン第2日は28日、女子シングルス1回戦は、第20シードの大坂なおみ(日清食品)が、3年連続で2回戦に進出した。

     大坂がシード選手の重圧をはねのけた。第1セットは5-1から2ゲームを連取されて相手に流れがいきかけたが、「2度ブレークされることは限りなく少ない」と気持ちを立て直し、このセットを奪った。第2セットは一度もブレークを許さなかったが、内容的にはスコア通りの快勝とはいかず、「完璧主義者だけに、納得のいくテニスはできなかった」。サーブが不調で苦しい時に支えとなるエースもわずか2本にとどまり、「サーブ後のショットをどうするかに集中した」と大坂。戦略を修正して冷静さを保てたことは収穫になった。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
    2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
    4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
    5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです