メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

角田が「金」 柔道女子52キロ級

柔道女子52キロ級決勝で相手を投げる角田(左)=ジャカルタで2018年8月29日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第12日の29日、柔道の男女4階級の決勝があり、女子52キロ級で昨年の世界選手権準優勝の角田夏実(了徳寺学園職)が朴多率(韓国)を降して金メダルを獲得した。日本勢は同階級で2014年仁川(韓国)大会で2連覇を果たした中村美里(三井住友海上)に続いて3大会連続の金メダルとなった。

 関節技が武器の26歳が得意技を生かして、アジアの頂点に上り詰めた。日本勢が決勝で2連敗した後の優勝…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文625文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです