メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

「eスポーツ」扉開く 公開競技で初めて実施

ジャカルタ・アジア大会で初めて公開競技として実施されたeスポーツ。国旗をプリントしたジャージー姿の各チームの選手が大画面に表示された=ジャカルタ市内で2018年8月28日午後0時34分、松本晃撮影

 【ジャカルタ松本晃、武内彩】ジャカルタ・アジア大会でコンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」が公開競技として初めて実施された。26日に始まり、9月1日までの7日間でサッカーゲームの「ウイニングイレブン」など6種目で争う。若者に人気の高いeスポーツが新たな一歩を踏み出した。

 「アジア大会が(五輪への)扉を開いた」。アジアeスポーツ連盟のケネス・フォク会長は29日の記者会見で手応えを語った。今大会に参加したのは18カ国・地域の135人。日本もウイニングイレブンなど2種目…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです