メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

「eスポーツ」扉開く 公開競技で初めて実施

ジャカルタ・アジア大会で初めて公開競技として実施されたeスポーツ。国旗をプリントしたジャージー姿の各チームの選手が大画面に表示された=ジャカルタ市内で2018年8月28日午後0時34分、松本晃撮影

 【ジャカルタ松本晃、武内彩】ジャカルタ・アジア大会でコンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」が公開競技として初めて実施された。26日に始まり、9月1日までの7日間でサッカーゲームの「ウイニングイレブン」など6種目で争う。若者に人気の高いeスポーツが新たな一歩を踏み出した。

 「アジア大会が(五輪への)扉を開いた」。アジアeスポーツ連盟のケネス・フォク会長は29日の記者会見で手応えを語った。今大会に参加したのは18カ国・地域の135人。日本もウイニングイレブンなど2種目…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです