メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

近藤が「銀」 柔道女子48キロ級

 ジャカルタ・アジア大会は第12日の29日、柔道の女子48キロ級が行われ、2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの近藤亜美(三井住友海上)はリオ五輪銀の鄭普経(韓国)に技ありで敗れ、銀メダルだった。同階級での2002年釜山(韓国)大会の北田佳世以来16年ぶりとなる日本勢の優勝はならなかった。

     リオ五輪、昨年の世界選手権はいずれも銅メダル。またも大事な国際大会で、あと一歩頂点に届かなかった。試合後は涙で赤く腫らした目で近藤は「勝つ場面はあったけど、(技を)とりきれなかった」とうなだれた。

     一本勝ちしたかに思えた。お互い譲らず、ゴールデンスコア方式の延長に入ったばかりの30秒過ぎ。相手を崩してそのまま左腕をとって、腕ひしぎ十字固めに入った。鄭は20秒ほどが過ぎてもまいったせず、審判に止められた。その約30秒後に背負い投げで技ありを奪われて敗れた。近藤は「(技が)入ったと思った。腕を折ってやろうと思ってやったが、相手の根性が勝ったのかな」と首をかしげた。

     近藤は19歳だった14年世界選手権で優勝するなど早くから国際舞台で活躍し、常に同世代の先頭を走ってきた。それが直接対決はなかったが、昨年の世界選手権で同い年の渡名喜風南(パーク24)が優勝し、今年の代表の座も奪われて立場が逆転した。悔しさをばねに得意の寝技を磨き直し、これまで主要国際大会で鬼門だった準決勝も突破した。それでも優勝に届かず、「精いっぱい頑張って追いかける。あと一歩届かない部分を自分で考えたい」と言葉を絞り出した。【松本晃】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦
    2. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    3. 北電 苫東1号機18日夕にも復旧 節電協力も緩和
    4. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
    5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです