メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

バトンぴたり、日本決勝へ 男子400リレー

第3走者を務めた桐生祥秀(右端)=ロイター

 ジャカルタ・アジア大会は第12日の29日、陸上の男子400メートルリレー予選が行われ、日本が38秒20の1組1着で30日の決勝に進出した。1998年バンコク大会以来、20年ぶりの優勝を目指す。3連覇を狙う中国も38秒88の1組2着で順当に決勝に進んだ。

 予選からいきなりの直接対決でライバル中国に0秒68の大差をつけた。第2走者に多田修平(関学大)を初めて起用する新オーダーのバトンパスもうまく渡って、決勝へ大きな手応えをつかんだ。

 26日の100メートル決勝で自己ベストタイの10秒00で3位に入った山県亮太(セイコー)は「疲れもあるので無理はせずに」と言いながら、得意のスタートダッシュを決めて、一つ外のレーンのカザフスタンを一気に追い越す。第2走者の多田も課題だったバトンパスをつなぎ、「ほっとした」とほほ笑んだ。

 第3走者を務めたのは、今大会はリレーのみの出場となる桐生祥秀(日本生命)だ。「リレーのために来た」と気合十分で、同じ第3走者で100メートル優勝の蘇炳添(中国)と互角以上に渡り合い、アンカーのケンブリッジ飛鳥(ナイキ)に渡す。100メートル準決勝敗退のケンブリッジは「100メートルでふがいない走りをしてしまったので良いレースをしたかった」との思いを込めて逃げ切った。

 桐生は「決勝では大会記録を取って金メダルを目指したい」と宣言する。大会記録は、2014年仁川大会(韓国)の決勝で中国が作った37秒99だ。4年前の雪辱を胸にアジアトップの座の奪還を目指す。【小林悠太】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです