メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

バトンぴたり、日本決勝へ 男子400リレー

第3走者を務めた桐生祥秀(右端)=ロイター

 ジャカルタ・アジア大会は第12日の29日、陸上の男子400メートルリレー予選が行われ、日本が38秒20の1組1着で30日の決勝に進出した。1998年バンコク大会以来、20年ぶりの優勝を目指す。3連覇を狙う中国も38秒88の1組2着で順当に決勝に進んだ。

 予選からいきなりの直接対決でライバル中国に0秒68の大差をつけた。第2走者に多田修平(関学大)を初めて起用する新オーダーのバトンパスもうまく渡って、決勝へ大きな手応えをつかんだ。

 26日の100メートル決勝で自己ベストタイの10秒00で3位に入った山県亮太(セイコー)は「疲れも…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 奈良の6人死亡バイク事故 死亡した少年1人を書類送検へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです