メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

記憶に忠実なら虚偽ではない? 与党“拒否”に疑問

衆院予算委員会の証人喚問を終えた佐川前国税庁長官=3月27日、藤井達也撮影

 森友学園への国有地売却問題を巡り、佐川宣寿前国税庁長官が3月の証人喚問で語った内容は、その後の財務省の調査報告書と矛盾点を残している。野党は議院証言法違反(偽証)容疑で告発状をまとめたが、自民、公明両党が「記憶に忠実なら虚偽ではない」「事実認定が推論に過ぎない」と拒否したままだ。本当に告発は必要ないのか。告発状を再点検した。【和田浩幸】

 告発状は、佐川氏が衆参の予算委員会で行った証言と、財務省が6月に公表した「決裁文書の改ざん等に関す…

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1187文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  2. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  3. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 全国高校eスポーツ選手権 大黒柱はLOL初の高校生プロゲーマー 初代王者狙う学芸大付国際

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです