メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ORICON NEWS

堂本光一、ジャニー喜多川氏の慧眼明かす 演出意図を説明なしで理解し「わかる人にはわかる」

情報提供:ORICON NEWS

ジャニー氏の慧眼に舌を巻いた堂本光一 (C)ORICON NewS inc.
 人気デュオ・KinKi Kidsの堂本光一が29日、東京・日比谷の帝国劇場でミュージカル『ナイツ・テイル-騎士物語-』の千秋楽公演に出演。囲み取材で光一はジャニーズ事務所の社長を務めるジャニー喜多川氏が舞台を観劇し、感激したことを明かした。

【全身ショット】息の合ったトークを繰り広げた”プリンス”堂本光一&井上芳雄

 同ミュージカルは世界的演出家のジョン・ケアードがシェイクスピア最後の作品として知られる『二人の貴公子』(共作・ジョン・フレッチャー)を新たな脚本・音楽・振り付け・演出で製作。今回が世界初演となった。

 プレッシャーも大きく、初タッグとなった井上芳雄によると光一が「止めとけばよかった」とボヤいたこともあったという。それでも公演を見事にやりきった。井上との仲も深まった。井上は「隣にずっといさせてもらって日々、光一くんの愛おしさが増す。なんてかわいらしい生き物なんだろう。愛さずにはいられない1ヶ月だった」とデレデレだった。

 本番を通して新たな発見もあったという。共に“プリンス”と呼ばれる2人は主演で舞台に上がることが多い。光一は「(井上は)常に先頭に立ってきた人。そうするとカーテンコールとかで気づくと、どセンターにいる(笑)」と回想。井上が「病気なんです」と照れると、光一も「俺も、たまにあって『ヤベッ』ってなる。これはもう、しょうがない」と同意し、笑わせた。

 一方、井上は光一の優しさあふれるエピソードを披露。「疲れてたら、いい錠剤をくれた。見たことない錠剤。『これ、スゴい効くから』って」と明かし、「『SHOCK』やってる人が言うんだから効くだろうと飲みました。効きました」とにっこり。怪しいエピソードにも思え、光一は「ただのビタミン剤」と慌てて説明していた。

 また、ジャニー氏も『ナイツ・テイル』を鑑賞した。光一は「ジャニーさんはおもちゃ箱をひっくり返したような作品が好きな人。こういった作品は、どうだろうと思う部分もあった」という。それが、観劇を終えると同ミュージカルを褒めちぎったそう。「何度も『ジョンが演出でやる』って話したのに、ジャニーさんは『素晴らしい! 演出は誰?』って」とやり取りをものまねしながら回想。コミカルな動きに会場は大爆笑だった。

 さらに、ジョン氏の意向で和訳しても英語のリズムを崩さないような台本になっていたという。光一は「ジャニーさんに、そんな説明を全くしてなかったのに『せりふが全部、英語のようなリズムだったから気持ちいいよ』って。ジャニーさんが芝居のことを言ったのは初めて。わかる人にはわかるんだなって」とジャニー氏の慧眼に舌を巻いた。

 それだけの作品となり、再演の期待も高まっている。光一は「芳雄くん次第…」と笑わせつつ「再演できたらいいな」と力を込めた。

 同ミュージカルは9月18日から10月15日まで大阪公演として梅田芸術劇場で上演される。

情報提供:ORICON NEWS

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年
  4. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  5. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです