メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢の里、納得の稽古「ようやく良くなってきた感じ」(スポニチ)

 8場所連続休場中の横綱・稀勢の里(32=田子ノ浦部屋)が復活を期す秋場所(9月9日初日、両国国技館)に向け、東京都江戸川区の同部屋で大関・高安と三番稽古を行った。相撲を取る稽古は23日の夏巡業(静岡県三島市)以来。いきなり左四つがっぷりで敗れるなど4連敗したが、徐々に調子を上げて20番で14勝6敗だった。

     「後半は良かった。番数以上に手応えがあった」。得意の左四つ一辺倒ではなく、相四つの相手に右を巻き替えて右四つ、もろ差しに持ち込む場面もあった。「高安が工夫してきたからね」と説明したが、本場所でも右上手が取れない場合に有効な策となる可能性もある。立ち合いも「ようやく良くなってきた感じ」と話すなど、納得の稽古となった。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
    2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
    3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
    4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
    5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです