メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AZrena

スーパースターの原点「ストリートサッカー」の世界大会が凄い!

情報提供:アズリーナ

ネイマールやロナウジーニョなど、特にブラジルの新旧スーパースターが、幼少期に親しんでいた「ストリートサッカー」。

彼らは、ストリートの不安定な地面、かつ狭い範囲で技術を磨いてきたことによって、プロの世界で高度なテクニックを披露して、ファンを魅了してきました。

 

そんなストリートサッカーが、競技化されていたことはご存知でしょうか。今夏には「日本ストリートサッカー協会」が設立され、国内でも盛り上がりを見せています。

そして、8月18日にデンマーク・コペンハーゲンで開催された世界大会「World Panna Championship 2018」には、日本から9選手が出場し、ユース部門でSiou選手(森川獅大)が優勝を果たしました。

動画引用元:PANNAHOUSE | HOME OF STREET FOOTBALL

※Shiou選手の決勝は2:20:00〜

直径約5メートルのケージ(囲い)を作り、両端にはゴールを設置しており、その中に入って1対1で戦っています。ルールは至ってシンプルで、3点先取、もしくは相手の股をボールが抜ければ1発KOとなります。

なお、フィジカルコンタクトは禁止となっています。サッカーにはテクニック、フィジカル、スタミナなどのあらゆる要素が必要とされますが、ストリートサッカーは、より“テクニック”が重要視されるのです。

プロサッカーの試合でも見られないような高度なテクニックを連発しており、特にサッカーファンの方にはインパクトが強く残るのではないでしょうか。

 

日本人選手初となる世界一に輝いたSiou選手ですが、実はDAZNのサッカー中継のオープニング映像にも出演しています。DAZNユーザーの方は、今一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。


情報提供:アズリーナ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 阪神大震災24年 石積みの「生」オブジェ灯る 宝塚市の武庫川中州で
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. わいせつ 元消防士に有罪 京都地裁 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです