メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度花咲かせよう

「恋する男たち」の行く先=残間里江子

 日中の暑さは続いているが、朝夕は初秋の気配が漂い始めている。涼風とともに迎える秋は自分の思いや行動を再確認するにはいい季節のようだ。

 そんな季節感を反映してか、最近、私の周りでは、ギクシャクしていた夫婦が元のさやに収まるケースが増えている。

 先日のことだが、コンサート会場で旧友に会った。昔は肩までの長髪で、細身のジーンズにTシャツが似合っていた彼も、古希越えの年齢は隠せない。まばらな毛髪を束ねた姿だけは辛うじて昔日を思い起こさせるが、はやりのダメージジーンズもボロにしか見えない。そんな彼の傍らには、まぶしそうに彼を見つめる女性がいて、私に軽く会釈をした。どこかで会…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文717文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです