メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/244 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

おわりに(2)

「戦後はそれはたいへんだった。とにかく貧乏で、たべものが足りなくてねえ。でも、うちのお父さんが帰って、よっさんも元気だったし、またメリヤス編みの町工場を始めたの」

 あの頃の編み機の音が懐かしかった。女学校を卒業してから、登美子も帳簿の仕事を手伝ったのである。

「高度成長が終わる頃、メリヤス編みはすっかりすたれてしまってね。工場と近くにあった倉庫の跡地に、マンションを建てたの。時田家の家業は今ではマンション経営よ。不動産なんて縁がなかったんだけど、亡くなった弟の直邦が意外に目端が利いてね」

 もう七十年以上になるのか。あの夜、炎のなかを逃げ回っていた七人のうち、今生きているのは自分が最後に…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文961文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです