メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海外協力隊

障害あるからこそ 小耳症の女性、マレーシアへ 経験生かす

青年海外協力隊員として、マレーシアの障害者支援に携わる予定の伊藤有紀子さん=東京都港区で、蒔田備憲撮影

 生まれつき耳の形成が不十分な難病「小耳症(しょうじしょう)」のため聴覚障害がある伊藤有紀子さん(36)が、10月に国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員としてマレーシアに派遣され、障害者支援に取り組む。小耳症の隊員の海外派遣は例がないといい、「障害を持っているからこそ担える役割がある」と意気込んでいる。【蒔田備憲】

 伊藤さんは両耳とも穴が閉じていて音が聞きづらく、骨に音の振動を伝える「BAHA」(バハ)という補聴…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文954文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです