メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

京都市南区東九条など(映画「パッチギ!」) ひしめく命、原色の記憶

 1968年の京都を舞台に、在日コリアンと日本人の高校生の恋模様や友情を描いた映画「パッチギ!」(2005年公開)。南北に分断された朝鮮半島を自由に行き来する水鳥を平和の象徴として歌った「イムジン河」が物語の軸を貫く。今年は国際情勢の激動の中で韓国と北朝鮮の首脳会談も行われた。朝鮮半島情勢が転換点を迎えた今、改めて映画が撮影された京都市内の各地を歩いた。【野口由紀】

 銀閣寺近くの朝鮮高校に通い、無軌道にけんかばかり繰り返すアンソン(高岡蒼佑)と、妹のキョンジャ(沢…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1415文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです