メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

京都市南区東九条など(映画「パッチギ!」) ひしめく命、原色の記憶

 1968年の京都を舞台に、在日コリアンと日本人の高校生の恋模様や友情を描いた映画「パッチギ!」(2005年公開)。南北に分断された朝鮮半島を自由に行き来する水鳥を平和の象徴として歌った「イムジン河」が物語の軸を貫く。今年は国際情勢の激動の中で韓国と北朝鮮の首脳会談も行われた。朝鮮半島情勢が転換点を迎えた今、改めて映画が撮影された京都市内の各地を歩いた。【野口由紀】

 銀閣寺近くの朝鮮高校に通い、無軌道にけんかばかり繰り返すアンソン(高岡蒼佑)と、妹のキョンジャ(沢…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1415文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. スリランカで6カ所爆発、129人以上が死亡 教会やホテル標的
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです