メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 富岡・トリチウム水公聴会 「国民的議論を」漁業者ら海洋放出に懸念 /福島

 「漁業者だけの問題ではない。国民的な議論を尽くしてほしい」--。東京電力福島第1原発の敷地内で増え続ける放射性トリチウムを含んだ処理水の扱いをめぐり、富岡町で開かれた初めての公聴会。海洋放出を念頭に処分方法決定を急ぐ国側に対し、浜通りの漁業関係者や住民からは、安全性への国民の信頼がない中で福島の海に処理水を流せば、漁業や地域社会に再び大きな打撃となると懸念する声が相次いだ。【乾達、柿沼秀行】

 公聴会は、処分方法を検討する経済産業省の有識者小委員会が、県内と東京で計3回開催する。

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1147文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. プレミアム商品券「9月生まれまでの世帯対象に」 経済再生担当相
  3. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  4. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑
  5. 見つけた・この店 新潟 帽子屋マットメント 「最強のおしゃれアイテム」に特化 /新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです