メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬百湯

/69 万座温泉「日進館」(嬬恋村) 人と自然が「共生」 災害に見舞われながら守った150年 /群馬

 1873(明治6)年から続くこの老舗温泉宿を訪れ、人と自然の「共生」を見た思いがした。

 前橋から車で2時間。今年1月に草津白根山の本白根山が噴火した影響を受け、群馬、長野県を結ぶ観光ルート(国道292号)の通行規制が続き、客足は例年の8割程度にとどまっている。

 だが、この土地に愛情を感じて通い続ける人は少なくない。取材中、お湯や散歩を楽しむ多くの客を見かけたが、みな非常にはつらつとして見えた。「薬に頼り切りの闘病生活に嫌気がさし、訪れてみたら身も心も癒やされた」と、遠方から20年以上通い続ける客もいるという。

 露天風呂と内湯から一望できる山々はさまざまな色彩を帯びる。緑色の火山岩は、湧き出る強い酸性の温泉水…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文905文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです