メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者

船で交流 大津市、寄り添う旗お披露目 /滋賀

大津市が新たに作成した「おおつレインボーフラッグ」を背にあいさつする越直美市長(右)とクルーズを企画した末継佳大さん(中央)=同市の大津港で、小西雄介撮影

 LGBTなど性的少数者への理解を深める取り組みが、県内でも盛んになっている。25日は性的少数者とそうでない人が、琵琶湖のクルーズで交流を深めるイベントを開催。大津市も、性的少数者に寄り添う施策で活用する「おおつレインボーフラッグ」を作成した。誰もが自分らしく生きられる社会づくりが、徐々に動き出している。

 クルーズは旅行会社「トラベル京都」(京都)と、フォトディレクターの末継佳大(けいた)さん(38)が…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文582文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 黒部ダムカレー 愛され10年 年間5.7万食売り上げ
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クックパッドニュース [作ってみた]話題の「ダムカレー」は〇〇を使えば簡単にできた!!
  4. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです