メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

福井地震70年 埋もれた体験伝えよう=大森治幸(福井支局)

福井地震後の福井市内の様子と、丸岡南中学校で映像作品を編集する長谷川さくらさん(左)と大橋梨瑠さん

 福井地震を知っているだろうか。福井県丸岡町(現坂井市)を震源とした1948年6月28日発生の地震で、石川との両県で3769人が犠牲になった。95年の阪神大震災までは戦後最大の被害規模とされた地震だが、戦後間もない混乱期に起きたこともあり、地元出身の私でさえ、体験者からその実相を尋ね聞く機会は少なかった。

 被災70年の今年、初めて本格的に取材して、確信したことがある。西日本豪雨など天災が続くこの国で「震…

この記事は有料記事です。

残り1830文字(全文2033文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです