メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中

揺れるインド太平洋 貿易・安全保障、高まる対立ムード

米中に挟まれるインド太平洋

 貿易、安全保障の両面で米中間の対立ムードが高まっている。米中の間に挟まれ難しい対応を迫られるインドや豪州、東南アジア諸国連合(ASEAN、10カ国)が、この地域の秩序の将来像をどう描くのか、それぞれの立ち位置を探った。

一帯一路VS新戦略

 中国が現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」で周辺国への影響力拡大を目指す中、米国も「自由で開かれたインド太平洋戦略」を打ち出し、アジア全域での影響力維持を狙う。こうした米中の対立ムードは、トランプ政権が2年目に入った今年、より高まった。

 4月に中国海軍は1万人規模の海上軍事パレードを南シナ海で実施して海軍力を誇示。習近平国家主席は演説…

この記事は有料記事です。

残り3043文字(全文3333文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 健康格差 糖尿病は「自己責任」なのか 麻生財務相発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです