メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中

揺れるインド太平洋 貿易・安全保障、高まる対立ムード 佐橋亮・神奈川大学教授(国際政治)に聞く

佐橋亮・神奈川大学教授

過度な競争、地域の懸念

 米国の対中政策で、経済・貿易と安全保障の問題がリンクしてきたのは今年の春ごろからだ。貿易赤字だけでなく技術の面でも米中間の競争が激化し、中国が追いつき始めているとの警戒感がワシントンでも広がった。

 その一つの表れが6月にトランプ政権が中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)に対する制裁解除を発表した際の米議会の党派を超えた反発だ。さらに8月には国防予算の大枠を決める国防権限法が上院で、圧倒的多数で可決された。

 国防権限法1261条は、中国による米国や同盟国に対する政治的な干渉、技術摂取、サイバー攻撃に対する…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文871文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです