メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中

揺れるインド太平洋 貿易・安全保障、高まる対立ムード 佐橋亮・神奈川大学教授(国際政治)に聞く

佐橋亮・神奈川大学教授

過度な競争、地域の懸念

 米国の対中政策で、経済・貿易と安全保障の問題がリンクしてきたのは今年の春ごろからだ。貿易赤字だけでなく技術の面でも米中間の競争が激化し、中国が追いつき始めているとの警戒感がワシントンでも広がった。

 その一つの表れが6月にトランプ政権が中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)に対する制裁解除を発表した際の米議会の党派を超えた反発だ。さらに8月には国防予算の大枠を決める国防権限法が上院で、圧倒的多数で可決された。

 国防権限法1261条は、中国による米国や同盟国に対する政治的な干渉、技術摂取、サイバー攻撃に対する…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文871文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです