メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対パレスチナ圧力強化 支援撤回、和平交渉迫る

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の運営校は新学期を迎え、児童たちが朝の体操を行った=パレスチナ自治区ガザで2018年8月29日、ロイター

 【エルサレム高橋宗男】米トランプ政権がパレスチナに対する圧力を強めている。今月24日には国務省高官が「米国の国益に沿うか見直した」と述べ、パレスチナ自治政府向けの2億ドル(約222億円)の支援撤回を表明した。米政府がテロ組織と認定するイスラム組織ハマスがパレスチナ自治区ガザを実効支配していることも考慮したという。イスラエルとの和平交渉で米国の仲介を拒絶するパレスチナ側に受け入れを迫る狙いがありそうだ。

 パレスチナ解放機構(PLO)幹部のアシュラウィ氏は米政権が「卑劣な脅しを政治的手段として使っている…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1094文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです